二つの世界

ヨガの呼吸はよく、吸う息と吐く息でスピリチュアルな世界と物質的な世界に例えられます。

吸う息(以下、吸気)はエネルギーがすーっと上に上がり、私たちの中のスピリチュアルな世界を増幅し、吐く息(以下、呼気)はエネルギーが下にどーんと落ち物質的な世界を増幅させると言われています。

アーサナではアームバランスや体を浮かせるときなどは吸気を使い体を軽く扱い、足を使った力強いポーズでは吐く息と共に足を踏み込み、大地に体をより根付かせます。
立位のポーズのときはよく骨盤から上は吸気で長く背骨伸ばし頭頂を空に近づけ、呼気で骨盤から下は大地に向かい足裏で大地をしっかり掴むように、なんて言われること多いと思います。

どっちが大事か、両方大事です。どちらかではなく、そのバランスが大切なのです。

焦った生活をしているとどうしても吸気が多くなり、エネルギーが上へ上へと移動し落ち着きがない状態に。スピリチュアルな世界にハマる時はこんな状態の時が多いように思えます。

また逆に、考え込んだり悩んだりしているときは呼気が多くなり、エネルギーは下へ。ネガティブな考えや感情が浮かび、物質的な考え方が優位になり、お金や物への執着が強くなるように思います。

バランスが大事なのは、アーサナをしているマットの上だけではありませんね。実生活でこそ、その二つの世界のバランスを保つことがとても大切だと最近より強く実感しています。

スピリチュアルな世界。自分を含めた人間は決して独立して存在するのではなく自然の一部であり、起こる出来事はすべてが繋がり、世界は一つの流れるプール。だから流れに逆らわず、執着やエゴを捨てて生活していこう、という考えは人を穏やかにし、ささやかな幸せを見つけることの喜びを教えてくれます。
でも、それだけでは生きていけません。必要な分だけの衣食住を確保するためには必要な分だけのお金を稼がなくてはなりません。
でも逆に、物質的な世界にだけ住んでいると自分を苦しめはじめます。何もかもまだ足りない、満足できない、もっとお金を、もっと大きな家を、と満足や感謝を感じることが少なくなり終わることのない欲望のループにはまっていきます。

大事なのは、バランス。
両方の世界の力や考え方を借りて生きていくことが幸せな毎日につながるんじゃないかと思います。

そこで、ヨガの出番。
マットの上での練習や経験は、実生活に反映されるのがヨガのすごいところです。マットの上でバランスポーズを練習すると、実生活での様々な〝バランス〝が整っていきます。これは本当に面白い。

そして、実生活で自分がどっちに偏っているのかを確かめたい時は今この瞬間にしている〝呼吸〝を意識してみてください。
吸気、呼吸、どっちが多くなっていますか?気づいたら、最近の自分の行動や思考を思い出してみてください。スピリチュアルな世界に偏っていたか、それとも物質的な世界に偏っていたか、はっと気づくことができると思います。

私はというと、読む本でバランスをとることをはじめてみました。ビジネス本とスピリチュアルな本を並行して読むこと。これがなかなか面白いんです。全く違う世界に見える本たち、実は共通する部分がたくさんあることに気づきました。

これについてはまた今度。

さぁ今は二つの世界のバランス、とれてますか?

20130515-165748.jpg
上部:ビジネス本
下部:スピリチュアル本

Miho

二つの世界” への1件のコメント

  1. ピンバック: 二つの世界 続編 | YOGA BHAGINI

コメントは受け付けていません。