ホネナビ体操

5月最後の船橋ヨガサークル、今日はホネナビ体操からスタート!

20130531-153929.jpg

ホネナビ体操とは、これまでにあった筋肉にフォーカスした動きではなく、一つ一つの骨と関節を動かす新しい体操です。体を動かすとき、全身を動かしているつもりでも代償作用といって色々な箇所を総動員して動かしていることが多いので、意外と長い間動かしていない関節があるのです。

例えば肩関節。肩回し、といわれても実際は背中にある肩甲骨を上下させているだけで、肩関節は実は動いていない、なんてことが多いのです。楽にものをとったり、運動のパフォーマンスをあげるときはいいのですが、たまには眠っている関節を動かしてあげないと固まってしまうことがあります。

一回五分ほどの体操ですが、終わるとじんわり汗をかきます。骨と関節にフォーカスしていますが、骨と関節を動かすことによって当然骨と骨をつないでいる筋肉も自然と動かすことになるのであつくなりますよね。

20130531-154154.jpg
股関節回し。股関節に手を当てるとき腰に手を当てる方が多いのですが、股関節は思ったよりもう少し下なんですね。

20130531-154314.jpg
ラストは伸び。上半身は上に、骨盤から下は下へ。整骨院で牽引してもらうことがあると思いますが、これはセルフ牽引。コツをつかむととっても気持ち良い。これは座った状態でもできるのでデスクでのストレッチにもいいですね。

この後は、最近大注目されている腸腰筋のエクササイズ。これはまた次回ご紹介します。

それでは、素敵なフライデーナイト、素敵な週末を!

Miho