二つの世界 続編

さてさて、先日二つの世界というブログにも書いたようにバランスを保つために色々なジャンルの本を読んでいるのですが、やーっぱり共通してるんだよなーもう。

ってことで、ここでその一例を。

たまたま我が家の本棚にあった、井上裕之さんの“「学び」を「お金」に変える技術”という本。帯には、“1%の人だけが実行している年収1億円を稼ぐ勉強法” “累計60万部ベストセラー連発の著者最新作” とあります。興味ありますなぁ、一億円、笑

20130730-161438.jpg

井上裕之さんのプロフィールには、北海道生まれで東京歯科大学大学院修了、世界でも治療をしている歯科博士であり経営学博士であり経営コンサルタント…などなど何やらたくさん書いてあります。

この本の中には成功させるための学びについてかかれているのですが、それにはいくつかの法則をまず覚えておきなさい、とあります。その一つがこれ。

原因と結果の法則

抜粋させていただくと、

————
今の現実は、まぎれもなく、自分がまいた種によるものです。
————

とのこと。

だから、ほしい結果の種をまきましょうということなのですが、これどこかで聞いたことあります。

そう、ヨガでいうカルマそして輪廻転生の考え方ですね。自分のしたこと、発したエネルギーは回り回ってまた自分にかえってくる、そしてそれは輪廻転生を繰り返した後の人生での立場や階級にも反映するのだという考え。だからヤマ、ニヤマのような道徳的な教えを守り、アーサナや呼吸法でクリアにしていくのですね。

次にこの部分。

————
「いつか…やりたい」ではなく、「いま、やろう。」。
そして、日々、やろうと決めたことはしっかりやる、それができる人。
それを続けている人が40代、50代になったとき、学生時代、成績が優秀だった人をはるかに超えて、大きな成功を手にしているのです。

————

更に格言が続きます。

————
“いつか”という言葉で考えれば失敗する
“いま”という言葉を使って行動すれば成功する
ベンジャミン・フランクリン
(アメリカの政治家、科学者・1706〜1790)

————

これもヨガの教えで聞いたことがありますねぇ。あちこち動いてしまう私たちの思考を留めて、“今にいましょう” Living in nowってやつです。そのために、ヨガのポーズで体を動かしながらちらばる思考を止めるべく呼吸やドリシュティ(視点)、バンダを意識しましょうという指導が存在するのですね。

でもって最後。成功(この本では主に高収入を手に入れることを指しているよう)を手にするには、“自分を律して誘惑に勝つ”ということが大切です、ということで最後の抜粋。ちょっと長め。

————
20代、30代、40代…。大人の学びをつづけてきた結果、どこまで進化できたか。
私は、たとえば、英検の2級を取った。つぎは1級に挑戦しようというようなステップアップを、進化だとも成長だとも思いません。
もちろん、こうした学びを否定する気持ちは毛頭ありません。3級を取得。次は2級を目指し、その次は1級に挑戦する。こうした段階を踏んでいくことは人に成長の喜びを植え付け、努力することの価値を教えていくものです。
しかし、努力の本当の成果は、努力することを通して、自分を制御することを身につけていくことではないでしょうか。
人生はあまりにも誘惑に満ちています。寒い朝ならば、ベッドから起き上がるためだけでも、自分との戦いに勝たなければなりません。
誘惑は仕事中にも容赦無く襲ってきます。そんなとき、誘惑に心揺れる自分をどう制御し、自分で自分に恥じない仕事をやり通すか。夜ともなれば、誘惑はさらにグレードアップするでしょう。
そうしたことに次々と打ち勝って、本来、めざすものに向かって進んでいく。勝利はこうした内面との葛藤に打ち勝った者のみに与えられるのです。

征服すべきは山の頂上ではなく、自分自身だ
エドモンド・ヒラリー
(人類初のエベレスト登頂を成し遂げたニュージーランドの登山家 1919〜2008

————

ほう。
これってまさに、ヨガの根本経典ヨガスートラの始まりの節じゃあーりませんかー?

yogas-citta-vritti-nirodhah
ヨガス チッタ ヴリッティ ニローダハ
「ヨガとは心の振動を止滅させることだ」

誘惑に揺れ動く心、自分自身を意識的に止めることで、この本でいっているいわゆる経済的な成功やヨガでいっている本来やるべきことを全うすることができるのですね。

日本のヨガのクラスはまだまだ男性が少ないですね。神楽坂クラスは一般のヨガスタジオに比べ男性割合も多くなってきていますが、世間一般ではまだまだ、女性がやるものというイメージが強いようです。

でも最近こういったビジネスマンが読むような本を読んでいて、つまるところはヨガの目的や考え方と同じなんじゃないか、とふつふつと実感してきています。ただタイトルや使われている言葉が違うだけ。

「もっと心を楽に生きる方法」とか、「あたなが生まれてきた意味を全うする方法」とかいうと一歩引いちゃうボーイズ諸君も、「年収一億円にする方法」とか「仕事が100倍はかどる発想法」って言い換えるとオッケーなんだもんな。

ヨガにのめり込まなくてもいいから、仕事や家庭をもっとうまくやれるようにヨガを利用するというか、生活の一部に取り入れてみればいいのにな。

ま、まずは、体を動かすところからですね!

8月の都内クラスはサマータイムで1時間ちょい早くなります。

8/10 Sat 10:10-11:40
8/24 Sat 10:10-11:40

アツいナツにしましょう。

レンタルマット必要な方はご連絡ください。

Miho