蝉しぐれ

偶然カフェで隣に座ったおばあさんに声をかけられ、「藤沢周平の蝉しぐれはとても良いから読みなさい。」と言われ、読んでみました。

おばあさんの言うとおり、なるほど心理描写や情景描写が上手で目で文字を追いながら頭の中で映像としてみえるような、とても上品で素敵な一冊でした。

出会う人もものもすべてに意味がありますもんね、こういう出会いを大切にしていきたいものです。

新田美穂

20140330-213712.jpg