6/27 新月

夜中からお腹が張って痛いな〜と感じていたら今日は新月なんですね。

月の力はほんと強いなぁと実感します。金曜は午前も午後も楽しい楽しいバギニデーなのですが、Satomiちゃんのご厚意に甘えておやすみさせていただきました。ありがたや。Satomiちゃんが妊娠したときは今度は私がバッチリサポートするからね!

臨月に入るまであともう少しの間はアシュタンカヨガではなく、気持ち良いなと思えるアーサナを一時間くらい、ゆっくり行っています。腰痛も肩こりもかなーりよくなるのでこれについてはまた後日まとめてご紹介したいと思います。

さてさて、先輩ママたちからは臨月に近づくと色々な体の変化を感じるよ〜と言われましたがまさにその通り。34週を半分終わるところで色々と実感しています!

まずは内腿や股関節の痛み、歩いてるとつる〜!でもって30分くらい椅子に座って同じ姿勢でいると仙骨痛に見舞われます。そしてこれらは横向きに寝て少し休むと楽になりますね。映画も、長時間の電車や車移動も8ヶ月くらいまでだから今のうちに会おう!と言ってくれた先輩ママ、さすが正解です!今は地元でゆっくり、が一番安心だし幸せなり。

と、お仕事しようと机に向かってしばらくするとあの仙骨痛がきたのでソファに横になって昨夜録画した、悲しきお父さん芸人のアメトークを見ておりましたところ、最後FUJIWARAの原西氏が娘からの手紙に号泣するところでもれなく私も号泣、笑

20140627-162226-58946557.jpg
成長していき、だんだんと親離れをしていく娘さんの言動がさみしいというエピソードの後のサプライズお手紙に感動し、また仕事がんばる!というお父さん。

その涙をみていて、胎内記憶を研究している産婦人科医の池川明先生の本を思い出しました。
子供たちはそれぞれ目的をもって生まれてくるのだけど、一番最初に言うこと、やることは「自分が生まれてくることで親を幸せにすること」だということ。とりわけ、“お母さん” を幸せにしにくるらしいですが。(お父さんごめん。)そんなことを思い出したら、ことさらお腹の赤ちゃんが愛おしく思えました。

仙骨が痛くて長く座れないとか、股関節が痛いとか、そんなマイナートラブルに囚われていた自分がほんとおばかさんに思えました。お母さんの体なんかどんなに痛くなってもいいから、正期産で元気に健康で産まれておいでなさいな!そう思えたらなんだか少し強くなれたきがした新月の夕方でした。

土日もしばらく安静にして、お腹の張りもなくなったらまたSatomiちゃんと2人のクラスで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています^^

新田美穂