改めて感じたこと(長いです)


GWいかがお過ごしでしょうか?
私は特にGWを意識して、なわけではないのですが最近、昔から知る友人に会う日々を送っています。
中には前回会ったときを覚えていないくらい久しぶりな人もいたのですが、1人1人本当に本当に素敵な人になっていました。
「素敵」ってポジティブな意味なのは伝わるけれど、曖昧な言葉。ぼやぁっと全体的に褒めてる、みたいなイメージだったのですが、よく考えてもこの言葉がやっぱりぴったりきます!意味を調べてみると、「〜心を惹かれる様。」うん、やっぱりこれ。私、間違いなく心惹かれました!
具体的にどこが?と言われると、言葉にするのがとても難しいし、もちろん1人1人違うのですが、私が心を惹かれた彼らの共通点を1つ挙げるなら、「自分の活きる、生きたいフィールドで楽しんでいきている」こと!
「楽しいから、好きだから努力する!穏やかにその人らしくいられる。最大限その人、でいられる。」
彼らはもしかしたら、自分ではそんな風に感じていないかもしれないけど、私やきっと第三者からみたらみんなそう感じるんじゃないかな☆
彼らと接していると、今この人のいきるべき場所はここなんだなぁ‼‼という空気を全身で感じます。
それが本当に気持ちいい!一緒にいて本当に幸せな気持ちになります!

私も去年の今頃ちょうど退職する決意がかたまったのですが、それまでの日々は本当に悩んで悩んで悩み倒しました。そこまで掘るか?!ってくらいに1つのことについて考えてたな。結果胃痙攣にもなったし…笑
そんなこんなを越えて、最終的に自分の中で納得して、でもやっぱりかなり思い切って退職したわけですが、今ヨガの指導をさせていただいていて、あの頃(会社員時代)や、あの悩み倒しの日々も全て糧になってるなーーーーー!と感じることが本当に多いです。
まだまだ未熟者ですが、マナーや考え方、人との接し方、言葉遣い…などなど。当たり前のことかもしれないけれど、会社員生活で学んだことに心から感謝しています。

そして今回、彼らと会って、今をいきてる!っていう前述の空気(波動)を身体全面に浴びると、更にあのとき(会社員時代)はあの状況が私のいきるフィールドだったんだなぁ‼会社員生活で学んだこと(結果)だけではなく、あのときあの日々、悩み、胃痙攣も含めて全てが私に必要な過程だったんだなぁと、繋がりました。
だから、もし誰かが今何かに悩んでいてもそれはその先のために必要で大切な過程なのではないかとおもいます。渦中にいると、わからなくなってしまうけど、きっとそうなのだとおもいます。
世間的に、一般的に、誰かに認めらたら…だけでみるのではなく、どんなときでも今この状況が私のいきるフィールドだと思えたらいいなとおもいました。
私も、今この瞬間も必要不可欠な時間だと思って、一瞬先の次につながるように、今できることを今して、生きていきたいとおもいます。
私たちは今をいきているんですもんね!過去でも未来でもありませんもんね!
過去未来をおもって余計な心配をするより、今を楽しくいきるべし。と、改めて感じました。

長くなりました。すみません。。

引き続き素敵な一日を☆

Satomi

舟を編む


今日はマイソールの後、映画「舟を編む」を観てきました〜。
とても素敵な映画でした。

ヨガの練習を続けているうちに、自分の身体に入ってくる全ての情報をヨガに繋げて考える習慣が身についてきたのですが、この映画ではヨガに繋げるという以前に、人として大切にしたいことに改めて気付けたように思います。

鑑賞中は起承転結で言う、起くらいから涙が出て、その度に「何の涙?」って自分でもわからなかったのですが、徐々にわかってきました。

私は、主人公の様に極端な口下手でも無口でもないと思いますし、初めて接する方とも楽しく会話はできる方だと思いますし、何か考えていることがあったら相談にのってもらえる有難い存在も近くにいてくれます。
でも、どこか主人公と似たところがあるのかな?と。
そう言えば私の場合は、まず思考が働いてから言葉を口から出すことが多くて、ポジティブな内容でさえも「あ、つい言っちゃった!」とか「図らずしも本音がポロリ」「思ったことがそのまま口に出た!」なんていうことがあまりないのかもしれません。特に、本当は本音を伝えたいと感じている人に限って思考が忙しなく働いて、頭の中で創り上げた言葉を伝えることになってしまうことが多いように思います。
そしてその結果、少しの後悔や反省をすることもあるのだなぁと気付きました。
だから、かなりの人見知りで口下手な主人公が勇気を振り絞って自分の思いを飾らない一言に込めて口に出したり、自分が本当に繋がりたい人に自分から接触していく姿が、本来人としてあるべき状態なのだろうなぁと、私もそうありたいんだなぁと、自分の心が紐解かれたようで何とも安らぐ穏やかな気持ちになれて、涙が流れたのだと思いました。

思ったが吉日。今日から思ったことは、思考であれこれこねくり回さず素直に出してみようと思います。

そうしたらきっと、これから、が少しずつ変わっていくんだろうな。

Satomi

「なんにもしない」効果


あーなんか今日はなんにもしないでぼーっとしてたーい、なんてことたまにあります。

現に私も気づいたら一時間ほどソファに座ってぼーっとしてました。
そんなときやばい、無駄な時間を過ごしてしまったと後悔するなかれ。実はこの「なにもしない」状態というのが現代を生きる私たちの脳にとってとても重要なんだそう。

言語や論理的思考を司る左脳と抽象的概念や創造性を司る右脳。本来なら両方同じくらいのバランスで使うのが理想なんだそうですが、入社試験でもコミュニケーション能力と並んで必要!とされる論理的思考。これがなかなかやっかいで、情報量が多く選択肢も多い現代、そして不安も多い現代だからこそ、論理的に語れる進路、論理的に語れる人生、ときには論理的に語れる愛、なんてのが求められてしまっているように思えます。
論理的思考疲れを起こしている人も多いのではないでしょうか。

もちろん論理的思考は必要だと思うけれども、なんとなくだけどとてつもなくやってみたい、とかなんか強烈に惹かれるから行ってみたい、という感覚とても素敵だと思います。ましてや君のここがこうだからこの部分が好きだよと言われるより、なんとなくわかんないけど全部好きだよって言われた方が嬉しいし。

バランスを失って左脳生活に入っている今、右脳を取り戻そうという動きがあるそうです。
そんなときに有効なのが「なにもしない」ということ。言い方を変えればそう、瞑想です。瞑想状態にあるとき右脳が活性化しやすいそうです。瞑想というと一見小難しそうですが、これから数分間は「なにもしない」時間にしようと思えば少しやりやすいかもしれません。

脳にとっては五感から何も刺激を入れない方がより良いそうですが私は空瞑想をよくしています。
朝日が見れるときは眩しい空を眺めながら、夕陽ががみれるときは赤く染まっていく空を眺めながら。少しずつ移り変わる空をみて深く呼吸しながらぼーっとするだけ。しばらくするとなんだか気持ちがスッキしたり、やる気がでたり、時には新しいアイディアが浮かんだり。
旅行をしたときわざわざ早起きしてアンコールワットの朝日をみにいったり、山から夕陽を眺めるツアーなんかにお金を出して参加するのに日本で全然意識してなかったなーと思ったのが始まりです。なんか毎日旅行気分も味わえて一石二鳥。いつもの毎日がスペシャルに感じられるのもいいところ。

仕事の途中でも西の空を探してオフィスから見える夕陽を数分間眺める空瞑想、明日からいかがでしょうか。

そして今日はなんにもしたくない!一日中ぼーっとしていたいと思ったら多いにぼーっとして「なにもしない」ことを楽しんでください。左脳生活に疲れてしまった身体の叫びかもしれません。

20130411-182109.jpg
空瞑想 朝日

20130411-182218.jpg
空瞑想 夕陽

暗闇ヨガ


20130409-165632.jpg
4/19(金)20:15〜(60分)神楽坂スタジオで暗闇ヨガ開催します。

いつもよりも暗くした部屋で視覚や照れ、頑張りを排除した状態で呼吸と身体を連動するって、きっとすごく心身にとって贅沢な癒しの時間になると思います。

思えば私たちって視覚優先な生活になっていますよね。
心で感じたものよりも、目に飛び込んできた状況で感情が決まっているような気がします。

逆に、感情に合わせて目でその感情にあったものを無意識に探してしまったり。特に悲しいときなんて、わざと周りでその悲しさの感情にあった現象を探して、更に悲しさを自分で増大させてることもあるらしいです。泣いてるとき、曇ってる空を見上げてはぁ、お天気まで悲しいわ、なんて私はついていないんでしょう、なんて。

それにヨガには照れや頑張りもつきものですよね。私も友達と一緒にクラスにいったときなど照れて呼吸がうまくできなかったり、もっといいとこ見せたい!なんて自分の可動域を超えた頑張りをみせて身体を痛めてしまったことも度々です。

金曜日の夜8時、一週間の終わりにもう頑張りなんていりません。

ただただ、呼吸にあわせて全身を動かして段々と自分の内側に入って行く感じが少しでも感じられたら、楽に生きる入り口の光がみえるかもしれません。

日時:4/19(金)20:15-21:15 60分
場所:神楽坂スタジオ
料金:初回体験2,000円(通常3,000円)
※通常クラスの回数券をお持ちの方は以下の通り。
5回券→プラス1,000円
3回券→プラス500円
※動きやすい服装で、開始5分前までにお越しください。
※場所詳細はご連絡ください。
※レンタルマットの方は前日までにご連絡ください。

新年度


20130401-095714.jpg

久々な青空の元、桜が映えるい〜いお天気。
マイソールに向かう道の桜も綺麗です。

さぁ、新年度。
信じた道があるから今日からは「できない、無理」とは言わない。「できるはず、どうしたらできるのか」と言おう。

他の人がやっていることができなくたっていいじゃない、それは他人がはじめたこと。その人の道。

あなたにはあなたしかできないことが必ずある。世間的には新しいことで大変に思われるかもしれないけど、あなたにとってはそれが唯一の進むべき道かもしれない。

想像できることは創造できる。

今日からまた、ヨガバギニしかできないことを考え、発見し、提供する。

そんな気持ちにさせてくれるアシュタンガヨガ千葉の先生方、先輩たち、今朝もありがとうございました!

今年度もよろしくお願いしまっす。