朝の日課


雨の予報もなくなり、気持ちの良い土曜日の朝です。

朝といえば、NY生活以来一日も欠かさず行う日課があります。それを、ディーナチャリアといいます。ディンは“日”、アチャリアは“従う”という意味。

プレゼンの日には赤いネクタイをする、とか勝負のときは紫の下着をつける、とか靴下は左から履く、右足から玄関を出る、など人それぞれ色々な決まり、というか願掛けのようなものがあると思いますが、ディーナチャリアは願掛けとは少し違って毎日を規則正しく過ごすための規律という意味に近いかなと思います。アーユルヴェーダの考えに基づいた、時間によって過ごし方を変えるという方法もありますが(これについてはまた後日)一日を有意義に過ごすためには自分なりの朝の日課を決めることはとっても大切だと思います。

朝とりあえずおきても日課がないとついつい二度寝してしまったり、ぼーっとニュースを眺めてしまったり、大切な一日の始まりなのにダラダラしていてはもったいない!

私の朝の日課は4つ。
トイレ、歯磨き、顔を洗うなどはいったんおいといて。

1.タンクリーナー(舌の洗浄)

20130629-100329.jpg
私たちの体は食べたものでできていますが、体に合わないものを食べたり、また食べすぎたりした時には“アーマ”といわれる未消化物が体内に蓄積されていく、と言われています。それが舌にでる。舌が白くなります。風邪のときにお医者さんにいくと、はい、あーんして舌出してー、舌の色を診察されたのを思い出します。
写真のタンクリーナーを使って、舌の奥の方から先端に向かって軽く滑らせてアーマを取り除きます。回数はもういいかな、というくらい適当に。アーマが蓄積されると様々な体の不調が現れるといわれており、毎朝舌の状態を確認してアーマを取り除くのはとても大切なことで、前日の食べ物が自分にあっているのか否かを判断する材料にもなります。完全ベジタリアンの生活をしていたときはまったくアーマがでなくてびっくり。私はあるお店のお肉を食べるとダメみたいです。自分の体に合わない食物がわかるのでとても面白い。

2.ネティポット(鼻洗浄)

20130629-101233.jpg
これは本当に気持ち良いです。小匙半分くらいの塩と水をいれて鼻を洗浄します。まず通っている鼻に先端の細い部分を当てて頭を傾け水を流し、反対の鼻から流していきます。一度鼻をかんで、今度は逆サイドの鼻から入れて反対に流す。自分の力で水を吸ったり、吐き出したりする必要はありません。頭を傾けて自然に流れていくようにします。最初は難しかったですが、本当にこれは気持ち良くてこれがないと一日が始まりません。夏は冷たいお水で、冬はぬるま湯で。花粉症のときは夜寝付けないときなどやってみるとスッキリします。鼻洗浄といえど、一度眉間あたりを水が通っていくので頭がすーっとします。
脳に近いところを通るので、日本の水道水は綺麗かもしれませんが、海外などではミネラルウォーターを使うほうが良いかもしれません。

3.ホネナビ体操
たくさん寝ると体が固まっているときがありますよね。でもいきなり筋トレや柔軟はできないので、ホネナビ体操はオススメです。全身の関節を動かしていく五分の体操。関節を動かすことはパワムクタアーサナと言われ、関節から邪気を払うとも言われています。簡単な体操ですが、確かに体がすぐに楽になります。その後の家事やヨガもやりやすくなります。

4.呼吸法と瞑想
口の中と頭、全身のメンテナンス後、ここで座って呼吸法としばしの瞑想タイム。私はクッションを二つ重ねてその上に跨ぐように座っています。胡座だとまだ痺れてしまうので…

20130629-102910.jpg
呼吸法は、ナーディショードナ、シタリ呼吸、カパラバティ呼吸の順に行い、そのまま目をつぶって瞑想します。時間があるときは40分ほど、時間がないときでもせめて10分は目を閉じる時間を作っています。今日は時間があったので長めに。

朝の日課、自分なりの規律を作ると朝起きるのが待ち遠しくなります!

それでは、素敵な土曜日を。

あ、明日は神楽坂クラスですね。

Miho

大雨のち快晴


昨日は久々の大雨、そして今日は快晴!大雨に洗われた空の青は澄み渡ってとってもきれいで、いくつも浮かんだ雲もなんだかうきうきしているように感じました。

20130627-203718.jpg

ヨガの考え方では、人間も動物も自然もそして宇宙もすべてはつながっていて、私たちが陥りがちな人間史上主義のヒエラルキー的なものは存在しません。そう思うと、自然と私たち人間、というか自然と自分自身の状況って結構リンクしてるなぁと感じる瞬間がいくつもあります。

例えば、今日のマイソールの始まりのチャンティングの時、みんなでAUMを唱えた瞬間にすーごく気持ち良い風がスタジオに吹き込んできて最高の練習の始まりにしてくれたり、妹のSatomiちんなんて、キネシオロジーのセッションを受ける時は必ず大雨。雷まで鳴る嵐っぷり、しかも毎回救急車のサイレンが鳴る…でも終わる頃にはさっきまでの嵐が嘘のようにカラッと晴れてたり。一昨日私が自宅でセッションの練習をさせてもらっていた時も始めるや否や突然のゲリラ豪雨と雷、そしてサイレン…さすがに2人して鳥肌経ちましたよ。まるで、悩みやストレスと向き合う辛さと、キネシオロジーで解決されてスッキリ終えた心を反映しているかのよう、ほんと不思議です。

そして、昨日の大雨、なんだか気分も冴えないなぁと思い気持ちが乱れていたことに加え、大切な人とのコミュニケーション齟齬も起き、心も正に大雨状態…気分が良くない中ベッドに入ったのですが、朝起きたらこのなんとも気持ちの良い快晴ではありませんか。しかも昨日の大雨があったから空中のチリや埃がなくなり本当に気持ちの良い青空。同時に関係も修復の方向へ。今改めて考えると、いつもは言葉や態度にも出さないことを昨夜ぶつけ合ったからこそ、よりスッキリした気持ちで新たな関係性が築けたのかなと。大雨のち快晴とリンクしたなぁと改めてあー、ひとつだな、と感じました。

そして、よくないことは重なる、なんてよく言われますが、−(マイナス)×−(マイナス)が+(プラス)になるように、よくないこと、こと人間関係でぶつかったときは、今まで思っていたのに言えなかったことや気になっていたことをとことん突き詰めて一度ぶつかってマイナスとマイナスを掛け合わせてみると、結果、それまでよりも深いプラスの関係になれるのだな、という、数学にみる関係性の向上理論的なことがあるのかもしれません。

自然と自分たちって、本当につながってます。また、そういう意識にしてみるとそうみえてくるから、実に面白い。

Miho

最近のマイソール


キネシオロジーの研修で、ある問題(ストレス)に対しての体の答えが、端的に言うと「自らのヨガの練習を続けてエネルギーを活性化させ、心と体を更にクリアにして直感力を研ぎ澄ませなさい」とでて以来、朝の練習が変わりました。意識って不思議ですね。潜在意識を顕在化させた瞬間、今が変わります。

今までは練習中、左肩の違和感が気になりフォーカスがその部分にもっていかれる時がありました。そうするとどうしてもヴィンヤサの中で一瞬現実に戻る瞬間がありました。痛みって、瞬時に現実に引き戻される困った奴です。

でもここ2日くらいは心と体を呼吸と動きでクリアにしていくんだ、エネルギーを下から上に整えていくんだ、という流れに身を任せることを優先にしたところ、ほんとに気持ちよく練習ができています。

今改めて考えてみると、左肩の痛みがないといいな、痛くないとこのポーズができるのにな、という“エゴ”をなくし、あーこのポーズで痛みがでるかな、どうかな、という“恐れ”を手放せた感じがします。

私の基盤はヨガですが、それ以外のもので癒しを得て、またヨガの練習に戻ると基盤がまた少し強固になった気がしました。

日本ではまだまだ馴染みがないキネシオロジーですが、NYでは当たり前のセラピーです。これから日本でどんどん広められるように七月の研修もがんばります!今からとっても楽しみ〜!

Miho

スーパームーン


今夜、20:33はジャスト満月。スーパームーンといわれる大きめの満月だそうです。

占星術をしている友人によると、「隠れた欲望がでてきやすく、また同時にその欲望に基づく爆発的な感情が癒されやすい日」であるそうです。そしてそれは数日先の星の形?とつながっていて、その隠された欲望とやらがそう遠くない未来に叶いやすいそう。

これを聞いてびっくり。今日練習したキネシオロジーのデモ。私の問題(ストレス)は今までにはあまり口にしたくなかったような、正に隠された欲望で、そしてセッション後にはその問題(ストレス)がすーっと完璧に癒されたものですから、今日の星の動きを聞いたときは驚きました。

キネシオロジーについてはまた改めて書かせていただきますが、講義を受ければ受けるほど、ヨガの考えや浄化のされ方に酷似していて、これからキネシオロジーとヨガを融合して皆さんに提供するのが今から楽しみで仕方ないです。

さて、スーパームーンくん。今日、隠された欲望、出てきましたか?そしてそれは癒されそうでしょうか?星たちによるとその欲望は近々叶いやすいそうなのでこの良い機会に今の自分の欲望は何?と観察してみると良いかもしれません。

Miho