毎日少しずつ


毎日少しずつでも続けることが大切。
疲れていても、眠くても、気持ちが上がらない日も。

それに執着して、自分を縛るのとは違うけど、
やりたい!とおもって始めたこと、やらないと違和感を感じることは、やっぱり毎日少しずつでも続けることが本当に大切だと思う。
そこに意味はなくてもよくて、必要な結果は自ずと後からついてくる。

だから、一度それをお休みしてみるのもいい。
そうすれば、それが自分にとってどれだけ大切なことなのか再実感できる。

20130725-055817.jpg

Satomi

ヨガスートラ体感シリーズ6 「スヴァディアーヤ」


ヨガスートラ体感シリーズ第六弾はニヤマ(勧戒、すすんでするべきこと)のスヴァディアーヤ

このちょっと言いにくいスヴァディアーヤは漢字で読誦(どくじゅ)と書きます。読誦は経文などを声に出して読むこと、読経のことですね。
ヨガのクラスではマントラを唱えたりすることも多いかと思います。1番短くて有名なのがAUM(オーム)とか、サンティなど。船橋のヨガサークルや神楽坂クラスでもこれらのシンプルなマントラやこの他にも少し長いマントラを唱えることがありますが、マントラを唱えたあとのあの静寂感、静謐な感じ、いいですよね。文字通り「しーん」と音がします。

とまぁ、マントラはクラスでやるから良しとして、日常生活でこのスヴァディアーヤはどう生かされるのか。

スヴァディアーヤは、そういったお経やマントラを声に出して唱えることに加え自己学習をしましょうという教えでもあります。読むだけ、唱えるだけではなくそれらを自分の体験に置き換えて己を振り返り、更に深く吸収する。何事も途中で振り返ることって大事ですよね。会社的にいうと、実行、反省、フィードバック、いわゆるPDCAに似ているかも。一昔前、企画書にとりあえず入れ込めばオッケーだった便利な理論です、笑

何かを学ぶとき、ただ読んだだけでは不十分な場合があります。何事も自分の身に置き換えて、体験、体感して文字通り身を持って納得することが理解への何よりの近道です。そしてその自分に置き換える作業をすることによって、自分自身の感情や行動のパターンがわかるのですね。

そして鋭い方はお察しの通り、ヨガスートラを一つずつ体感してみたり自分にあてはめて考えてみるとこともまさにスヴァディアーヤです。今までに紹介したタパスサウチャサントーシャアスティアサティアなど、是非皆さんの実体験に当てはめてみてください。キーワードは、他人事ではなく “自分事” にして考える、ですね。これも広告代理店にいたときよく使ったな〜…大事なのは御社のこの商品をユーザーに自分事として捉えてもらうことですって。言ってた私。懐かしい。

そしてこのスヴァディアーヤ、自己学習の更にその先にあるもの。己を知ったら己を制す、ということで最近意識していることがあります。私は亥年、それは関係あるかわかりませんが、これ!と決めたらどうやら突き進んでしまう傾向にあるようです。この自分の性質を最近自覚しました…なので、頭がそれでいっぱいにならないようバランスを取ることをはじめました。

そのバランスとは、物質世界と精神世界のバランス。一番大切な家族と共に幸せに楽しくこの現代とこれからの未来を生きるためにはある程度の物質欲というか現実的な考え方は必要です。でも、それだけじゃうまくいかないこともヨガやキネシオロジーをはじめてよくわかっています。実際それらをはじめてストレスも軽減されて心身健康になってますからね。だから今自分の中のその二つの考え方のバランスをみます。あーちょっと物質よく強くなってきてストレスでてきた…と思ったらいつもより長めにじっくりお風呂でヨガスートラを読みます。そして、あーちょっと最近は精神世界の話が過多だな、と感じた時はいつも決まった映画をみます。

私の場合はこの二本。
バーレスクとゴシップガール!

20130724-210109.jpg
バーレスクはクリスティーナアギレラ演じるアリスが田舎からLAにでてきてその無邪気さとやる気で歌の才能を発揮して成功するお話。無条件にやってやるぞーもっと頑張るぞーと思える。

20130724-210405.jpg
ゴシガルは内容は恋愛ごちゃごちゃしてるのですが舞台がいとしのNY、そしてなによりブレイクライブリー演じるセリーナが可愛い…女として頑張らなくてはとやる気になります、笑

私もまだまだですが、スヴァディアーヤの自己学習によって自分のあまり良くない性質やパターンがわかったら、それが起こった時に意識的に自己をコントロールすることができるようになるのだと思います。

そうしたら、いっときの激しい感情や衝動に負けず、少し自分を客観的にみれるようになるのかな。

Miho

ムーンデー7/23


おはようございまっす。

今日は満月ムーンデー。
朝のマイソールクラスはお休みなのでお勉強から一日がスタートです。

朝は頭が働きます。

20130723-085353.jpg

Have a happy moonday!

Miho

昨日の月


満月2日前。昨日7/21の月。

ほぼ丸い月の周りに不思議な色の光が輪のようにかかっておりましたよ。

20130722-125652.jpg

それではムーンデーイブを楽しみましょう!

Miho

週末の出来事


今日は上級キネシオロジーに含まれるIH(インテグレート ヒーリング)モジュール2の二日目。

IHについてはまた講座終了後に詳しくご紹介させていただきたいとおもいますが、インテグレートとは統合の意味。IH(インテグレート ヒーリング)とは“ヒーリングの統合”です。世の中にはたくさんのヒーリング、癒しのテクニックがありますがその目的は、私たちにもともと備わっている”本来の生きる目的”をまっすぐに遂行していける状態に戻す手助けをしていくこと、だと捉えています。

世知辛い世の中ですからねぇ、ストレスや環境、人間関係やトラウマ、思い込みなどで私たちはぐるぐる巻きのミイラ状態なわけですね。ヨガではそれを玉ねぎ状態になってる、なんていって玉ねぎの皮一枚一枚を”サムスカラ“と呼び、道徳的な教えや体を動かすアーサナや呼吸法を継続することによってそのサムスカラを少しずつ剥いでいこう、そしてその中心をみつけていきましょう、という風に言っています。
そういう意味で、ヨガももちろん癒しのテクニックのひとつですから、IHに組み込んでいけると思っていますのでご期待あれ。

さて、そんな風に自分の周りにある余分なものをすこーしずつ排除し、中心をみつける作業をしていくと、周りのものが先生となって色々と教えてくれることがあります。

この金曜日から土曜日にかけて立て続けに三つのことが起こりました。

1.トイレの水が止まらない

2.夫のアイフォンが割れる

3.毎日身につけていたネックレスが切れる

ちびまる子ちゃん風に言うと、ガーン…

どれも予想外の出来事だし、ネックレスはヨガの養成のときにNYで買ったとっても大切なものだし、トイレもアイフォンももちろんお金もかかるし…
とてもショックだったのですが、IH講座のデモセッションの際、ひょんなことからその大切にしていたネックレスが話題として上がってきました。そしてそのメッセージが「変容のエッセンス」。変容ときいて何か思い浮かぶことはありますか?と言われましたが、もちろんあります。そのネックレスはヘビの形をしているのですがそれを購入したのは人生の転機、正に変化変容の時にあったNY。そしてヘビは脱皮しますね。さぁ、どういう意味か。

私にとって変容のシンボルであったヘビのネックレスが切れることは、脱皮、すなわち今までの状況から変化するタイミングを知らせてくれたのでしょう。うん、納得です。

そう考えると
1.トイレの水が止まらない
2.夫のアイフォンが割れる
は何なのでしょう?

トイレは水、「浄化」のシンボルとも取れます。そしてそれが止まらないときたら、古いものを一掃という意味でしょう。

ではアイフォンは?
それを「情報」のシンボルと捉えたら?外側の情報ではなく内側の思い、自分の中の声に従って進みなさいということなのかな、とつながりました。正直言うと、IHの講座を受けていて、それが今までにないくらいビンゴの連続で、なんでなんで?すごすぎるけど同時に不思議すぎて戸惑う〜!という感じだったんです。プラクティショナーになったとき、クライアントさんは信じてくれるかなぁ?とかあやしいと思われないかなぁ?とかお恥ずかしながらそんなことも心の隅でちらっと思っていたわけです。
でもそれがなくなりスーッと楽になりました。なんで潜在意識の声がわかるの?なんでIHをするとこんなにもすっきりするの?なんでなんでー?といったとき、「これはね、そういうものなんだよ」という答えのものもあるんだと認めようと思えました。IHのあとは心も体もスゴくすっきりするということを今自分が身を持って実感しているのだから、それを信じよう、と。

こうして週末の三つの連続した出来事の意味がつながった今、なんだか失恋した後のような清々しい感覚です(笑)、もう終わりだし別れたほうがいいとわかっていてもなかなか離れられなくて…勇気をだしてやっと別れた、数年前のある春の日の気持ちを思い出しました。

今もしかしてもやもやっと悩んでいることがあったら、ふと見上げた街の広告のキャッチコピーに、読んでいる本の一節に、偶然耳にした電車の会話に、助けとなるキーワードが隠れているかもしれません。

さ、今日もIH講座がんばるぞー。
みなさんに提供できる日ももうすぐ!

Miho