8/30船橋ヨガサークル〜生徒さんの成長に感動〜


8/30(金)本日も船橋ヨガサークルの練習が終了いたしましたー

今日。改めて感じました。
皆さんの成長が著しい‼と。
船橋ヨガサークルももうすぐ1周年を迎えます。
この1年間、皆さんの身体や心と向き合わせていただいてきましたが、まさかまさか、こんっっなに変化?!いえ、進化!するなんて想像以上‼
想定外です‼‼
本日のスタートは来週の木曜日(9/5)に開かれる1周年特別クラス=アシュタンガヨガの予習ということで、胸郭を引き上げて胸式呼吸の練習から。

20130830-162640.jpg
ティルヤタダーサナで更に胸郭引き上げを意識

20130830-162832.jpg
太陽礼拝。徐々に身体を解していきます

20130830-162927.jpg

20130830-163017.jpg

20130830-163037.jpg

20130830-163059.jpg
クラスの後半は壁を使ったパリガーサナ。今日はどこまでも胸郭引き上げをフォーカスしていきますよー

20130830-163213.jpg

20130830-163239.jpg
シメはやっぱり太陽礼拝again

20130830-163322.jpg

20130830-163338.jpg

20130830-163352.jpg

20130830-163404.jpg
そして最後、身体を整えた後は心のを整えます。
呼吸法。

20130830-163446.jpg
アーサナは、できるできないではないけれど、皆さん確実に気持ちよくのびのび向き合えるポーズが増えてきてます!
皆さんの成長を近くでみることができて本当に嬉しい。

来週から、いよいよ2年目に突入!
これからも末永くよろしくお願いいたします!

そして、もちろーーーーんニュウメンバー様もお待ちしてます!
お気軽にご参加ください。

Satomi

父の言葉


今日、父からある言葉をもらいました。

正確にいうと、父から私に向けた言葉を姉から聞きました。

ちょっとウルっときたので書きたいと思います。

私は、自分ではまだまだまだまだと思ってますが、どうやら人からするとストイックな方だそうです。

まあ確かに、学生の頃は部活の練習でどんなにヘトヘトでも、テスト勉強は夜中の3時に起きて自分で作った計画表通りに進めていた…けど、それはそうじゃないと自分で自分を許せなくなりそうでそうせざる得なかったですが。。
部活でのレギュラー争い中は、練習から帰ってきて納得するまで宅連した…し、自分がこうと決めたらどんな状況でもそれをやり通すかもしれません。

(でもそれは、何度も言うようですがとにかく自分が嫌いになりそうで、後で後悔するのが怖くてやるんですがね。。)

とにかくそんな性質は、自身としてはとても窮屈で、「まあ、いっか!これもありよね!今日は疲れたから明日☆」←なんてゆう柔軟性ありまくりなポジティブワードを口癖にしたくてたまりません。
ずっと憧れています。

こんなことを言っては、ご本人に大変大変失礼なのですが、元会社の同僚には、真面目過ぎる性格故、あだ名を(プロサッカー選手の)長谷部選手と名付けられました。
まあ、このことは大ファンなので私にとっては光栄な限りなのですが。

そして最近も、学生時代と何ら変わらず、ストイック生活?をしていたようで、私が不在のある日、Mihoと両親とで私の話になったようなのです。
母は、私を想い「もっと頑張るのをやめればいいのに」と言ってくれました。
有り難や。私はまだまだなのに。。

Mihoも母に共感し、うんうんと聞いていたのですが、すかさず父が一言こう言ったそうです。
「それは違うよ。聡美は何かをヤメルことが苦手なのだから、[緩めることをスレばいい]んだよ。」と。
何かを、スル、ことならできる。と。

感動しました。
普段は無口な父が私をみていてくれていたこと、私を理解し、今の私にぴったりな言葉をおくってくれたことに心から感謝です。

言葉ってすごい。
同じことを言っていても、使う言葉が違えばニュアンスや意味も変わる。伝わり方も、入ってくる感じも変わる。

感謝して、実行しようと思います。
積極的にゆるめることをしてみます。

ヨガのアーサナだって同じです。
苦手なポーズ、辛いポーズのとき、「もぉいいや!やーめた!力を抜こう」ではなく、「今はここから先にいくことより、呼吸を深めよう!」と思った方が前向きですし、きっと自然と得られるものも出てくるのだと思います。

何はともあれ、父、有難うございます。

Satomi

夕方の空も秋の空


朝の秋の空を感じたら、夕方の秋の空も感じないとしまりが悪い。

というわけで5分ごとに撮影。

20130828-182021.jpg

20130828-182036.jpg

20130828-182048.jpg

夏の夕方と違ってダイナミックさはないけれど、空全体の広がりを感じました。

洗濯物畳みながら夕暮れを堪能できるってなんて贅沢なんでしょう〜。

高校生の頃は夕方が淋しくて嫌いだったっけ。大人になりましたねぇ。

幸せな一日に感謝です。

ご飯を作って、家族の帰りを待って、また明日。

あー何作ろう…上げ膳据え膳が恋しいぜ。

Miho

朝の空は秋の空


おはようございます。

はやくも、早起きが辛い季節になって参りました…

何かと自分に甘い私にとっては戦いの朝となりますが、毎朝ヨガの練習にいくことはタパスと決めたことだし、何より毎日たっぷり練習することは会社員時代からずっと望んでいたことなのです。そんな生活をやっと手にいれたら今度は朝起きるのが辛いなんて言語道断ですよね〜。この幸せな毎日を存分に堪能したいと思います。

いやはや朝の空はすっかり秋ですね、空気感と雲が違います。

20130828-062547.jpg
季節の移り変わりがキャッチできる日々是正にプライスレス。

今日は柏でクラス。わずかな時間でも頭先行ではなく、体先行の解放された時間のお手伝いができますよう、今私にできる精一杯のことをしてきます。

夏の名残り、ラジオ体操に向かう寝癖の小学生がかわいいわぁ。最終日はうまい棒かなんかもらえるからあと少し頑張れ〜。

さー私も自分の練習!

いってきまうす。

Miho

体で感じること


おはようございます。

いやー秋っぽい朝ですね。雨上がりの少し水を含んだひやっとする風、虫の声、秋 ハズ カム、って感じです。

マイソールへ向かう自転車では毎朝の季節の変化を感じられるのも楽しみの一つです。

やーそれにしても、

切ない。

実に切ない気候ですねー。

切ない感じ、大好きです。なぜなら、頭じゃなくて体で感じてる感覚だから。

頭先行で感じている感覚って、なぜそうなのか言葉で説明できるし、それに付随する出来事もきちんとあげることができます。

だけど、この切ないは、特に今私好きな人に会えなくて苦しいわけでもないし、若かりし頃を懐かしんでいるわけでもない。ただ、体で感じる風や気温、音や匂いで「切ない」と感じている訳です。

こうして、頭先行ではなく、体で感じる感覚があるとき、頭の中がすごくクリアだなと気づきました。

今日のこの体で感じる切ない感じの時も頭の中すーっとクリアで、この勉強しよう、この本読もうと今やるべきことが見えてきました。

この感覚を感じた今、ふと数年前の結婚式のときを思い出しました。さぞ緊張するんだろうなと思ったら、そんなことはなく、幸せいっぱいで本当に楽しい。式の最中もあー幸せだなぁとかいいひとときだなぁと思えるほど冷静だったのです。あれもきっと頭より先に、体で、幸せ、楽しいと感じていたからでしょう。

幸せと感じる理由を並べるわけでもなく、そうと思える事実を無理に探し出すわけでもなく、体でそう感じているとき、頭の中は不思議と冷静でクリアなのでした。

練習終わってみて、この感覚ってシャバーサナににてるなと。体はお休みリラックス、でも頭はスーッとクリアな状態。こうして毎日少しでも、頭先行ではなく体先行のひとときがあるって、いいですね。

それでは、今日のこの「体で感じる切なさ」楽しんで行きましょう!!

追記:感覚ですが、シャバーサナの時の脳波はシータ波に近いのではないかと。シータ波は、いっとき有名になったアルファー波よりも更に深いリラックス状態のときにでる脳波のことですが、違いは下記の通り。

アルファー波:7-14ヘルツ
安静状態、リラックスした状態

シータ波:7-4ヘルツ
浅い睡眠状態、瞑想状態、更にリラックスしているときの脳波

シータ波は記憶に付随する海馬(頭の後ろの方)や意思決定に付随する前頭葉(おでこの上あたり)から出ているそう。そう考えると、シャバーサナ後にヨガをする前まで気になっていた過去の出来事が消化されてなんでもないように感じるのも、それらの脳の働きによって過去の記憶が高速に処理されたからなのかな、となんだか納得。

そしてシータ波は、創造力とも関係しているそう。シャバーサナを終えたあとにこれやろう!と閃いたりすることもしばしば。そしてアーティストにヨガや瞑想ファンが多いのもなんだか納得です。

Miho