bbの謎


夫が書いてくれたキットカットメッセージ。

20130928-222021.jpg

「bb」ってなんでしょう。

Miho

9/27船橋ヨガサークル


早いもので船橋ヨガサークル九月ラストのクラス。動くと汗ばむけど、時折吹く風がなんとも爽やかで気持ち良い午後。窓を開けて冷房も暖房もなしでヨガができるのも、束の間の秋です。

更に私は昨夜好きな人の夢をみてしまったゆえ更に切ない…食欲の秋、スポーツの秋、妄想の秋です。

気を取り直して今日は先週と異なる調整法でペアになってローデーターカフをトレーニング。

20130927-200930.jpg
プチ筋トレですが、みなさんさすが。左右の肩の違い、左右差に目を向けていらっしゃいました。

20130927-201139.jpg
長座になって、骨盤の前傾、後傾、自分の骨盤の傾向をチェック。まずは「気づくこと」これがこれからの大きな変革の始まりです。

20130927-201401.jpg
肩甲骨周りのストレッチ&活性化。

続きまして…

20130927-201512.jpg
腸腰筋を鍛えます。ヴィンヤサの時、アドムカシュアワナアーサナから一歩手と手の間に足を戻すのってなかなか難しいですよね。みなさん一年続けてとてもスムーズになってきていますが、今日はその一歩の意識の仕方を再度確認していただくべく、腸腰筋の活性化にトライ。地味だけど、キツイっす…

20130927-201821.jpg
アドムカシュアワナアーサナからの一歩前へ!の練習。自分自身に「ほっ!!」と掛け声かける方あり。腸腰筋活性化したからちょっとは意識しやすくなったかな?

20130927-202014.jpg

20130927-202050.jpg
スクワットポジションからシッティングヘ。

20130927-202121.jpg
皆さんの心身が整ってきたからか。天からのお恵み。夕方の光が気持ち良いです。

20130927-202210.jpg
呼吸法。

みなさま、九月もお疲れ様でした。

そして、十月からは船橋の松が丘、坪井地区ではママさん中心の午前中クラス、そして運動お久しぶりの方や高齢者の方向けの体験クラスも始まります。

そしてそして、生徒さんからとても嬉しいお申し出があり、滝不動の金杉台エリアでの木曜日午後クラスもスタートする予定です。

新しい場所、新しいヨガ仲間との出会いがとても楽しみです。

ヨガをもっと、みんなへ。

ヨガバギニでは2人でもっと日本でヨガを一般化していきたいと思っています。新しいサークル、企業でのヨガのご依頼も受け付けております。

それでは、T.G.I.F!!

Miho

サルコペニア肥満


今話題のワード”サルコペニア肥満”。

ギリシャ語でサルコ=筋肉、ぺニア=減少を表します。その名のとおり、「筋肉の減少」によって起こる肥満。元々筋肉量が少ない女性が中年にさしかかってから発症することが多いそうなのですが、今ではこのサルコペニア肥満、本来ぴっちぴちでぷりんぷりんであるはずの20代の若い女性や子供にも増えているそうなのです。

またこのサルコペニア肥満のいやーなところは、見た目では全くわからないところにあります。メタボやいわゆる今まであった肥満の場合、ある程度外からの見た目でもわかりますよね。本人も自覚あることがほとんどだと思います。でも、これは一見痩せてる人や、私って高校生の頃からずーっと体型変わらないのよねーと言っている”痩せ型”の人もなってしまうのだそうです。

なぜか。

私たちの体は何もしないでいると中年くらいから一年で約1%ずつ筋肉量は減少していきます。運動をしていない生活であれば、それだと本来はどんどん痩せていくはず。でも、それでも高校生の頃から50代になった今でも体型が変わらない、一見うらやましいこの現状、何を意味するのか。

減少した筋肉の分、脂肪がついているから、結果体型がかわらないようにみえる。

のです。

これがサルコペニア肥満の特徴です。加齢と共に自然減する筋肉の分、脂肪がつく。太ももの周囲を測ってみると周囲は変わらないそうなのですが、中身が筋肉から脂肪にかわっていっているのですね。また、サラダダイエットなど偏った食事制限を用いたダイエット経験者もなりやすいそうです。野菜だけでなく、たんぱく質や炭水化物、様々な栄養素をバランスよくとることは筋肉量をキープするのにとても大切です。過度な食事制限はそれだけでも筋肉量を減らしてしまい、サルコペニア肥満を引き起こしてしまうかもしれないのです。

では、どうしたらサルコペニア肥満の予防、また改善になるのでしょうか。

それにはやはり、継続的な運動あるのみ!だそう。運動によって自然減してしまう筋肉をキープ、もしくは少しずつ強化していくことが大切です。それには、ウォーキングやランニングの有酸素運動だけでなく、筋肉を強化していくいわゆる筋トレも必要です。筋トレ、いやですよね~・・・私もあまり好きではありません。マシンやダンベルを使って己との戦いを挑みながら黙々と回数をこなす。やっぱり楽しくないと継続できません。だから、ヨガでそれ、やりましょう!

ヨガは有酸素運動ですね。でも、意識の仕方やシークエンスの運び方、ホールドの長さによっては充分筋トレ要素にもなると思います。ヨガなら楽しくできます。マシンもダンベルもいらず、自分の体重とマット一枚分の広さでできるのなら、素敵ですよね。現代人のためのヨガの提供を目指す私たちにとってこのサルコペニア肥満の増加という現状、見逃すわけにはいきません。これからはもうちょっと筋トレも適うシークエンスを聡美ちゃんと一緒に作っていこうと思います。

そしてうれしいことに、マッスルさんは年齢に関係なく若返り、ちゃんと増加してくれるそうなのです。10代であろうが、20代であろうが、50、60喜んで、であろうが、関係ないのです。やろうとおもったときがその人にとってのベストなはじめ時。幸いそろそろスポーツの秋なので、脱・サルコペニア肥満を目指して楽しくヨガ、していきましょう!

最後に、【サルコペニア肥満チェック方法】

1、椅子に座って手を前で組んだ状態で片足で立ち上がれるか

2、片足で靴下がはけるか

3、片足立ちで60秒キープできるか

だそうです。

Miho

 

あなたにとってヨガとは?


あなたにとってヨガとは何ですか?

と、聞かれたとき今のあなたは何と答えますか?

私は、ヨガと出逢って7,8年が経ちますが、この⬆質問に対する答えは変化し続けています。
今現在はと言うと、、、一言でと言われたら「生活」でしょうか。

最近、ヨガに対する考え方って、本当に人それぞれで、いろっいろあるんだなぁ!!と感じたエピソードがあったので、自分の中でも今一度考え直す機会となり、ブログにアップしている次第です。
そのエピソードと言うのは、ある方(恐らくヨガを練習されている方だと思います)が、ヨガの教えは、欲を手放すことや、知足(今あるもの、ことに感謝し満足して、いろいろなものを欲しがらないこと)であったりするにも関わらず、ヨガをツールとしたビジネス(ヨガウェアやグッズの販売等)が成り立つことに疑問を感じるとおっしゃっていたというもの。

もしかしたらこれまでの7〜8年の間に、私にも同じように考えていたときがあったかもしれません。
でも今は、現代に合ったヨガのカタチがあっていいのではないかなと、思っています。
グッズやウェアの販売も、それらを必要とする人たちがいて、それらを得ることで心から幸せを感じることができたなら、それはそれで素晴らしい状態なのではないかと思います。

また今回、このエピソードを通してケンハラクマ先生の本に書かれてい文書を思い出しました。
ケン先生は、「ヨガはストレッチですよね?と聞かれたら、はいストレッチです。と答え、ヨガはストレッチじゃないですよね?ときかれたら、はいストレッチじゃないです。と答える」そうです。
これって、深いですよねぇ!!!
私の解釈としては、ケン先生は聞かれたことについてケン先生がそう思っているからそう答えたのではなく、質問をしてきた方の準備段階(状況)に合わせて答えているのだと思いました。
つまり、「ヨガとは?」の答えに正解はなく、一人一人がそのとき感じていることが、その人にとってそのときの正解なのだということ。であると。

なので、ヨガとビジネスをくっつけるのはいかがなものか?!と感じたその方にとってのヨガはいま時点でソウなのだと言うことなんですよね。

Mihoと私はヨガの練習を続けている中で自分たちから溢れ出て、伝えたい!と感じたことをみなさんに伝えています。正に、取れたてホヤホヤフレッシュ感満点な私たちにとっての今のヨガを伝えています。
仕事!という感覚はなく、むしろものすごく楽しくて、幸せで、私たち2人のダルマ(使命)でもあると感じています。

さて、、すっかりオチが見つからなくなってしまい大変恐縮ですが。。
こんなバギニとヨガしませんか 笑?

Satomi

ひろい世界へ


連休明けの一日目はなかなか本調子が出ないこと、よくあります。

連休が楽しかったからか、秋の気候がそうさせるのかわからないですがとりわけ夕方はちょっとセンチメンタルになったり…

まさに今、洗濯物を取り込みながらそんな感じで色々考えていたら、隣の小学校から合唱が聞こえてきました。

「ぼくらのまえには ドアがある
いろんなドアが いつもある
ドアを 大きく あけはなそう
ひろい世界へ 出ていこう」

ふと耳に入ってきた歌詞、単純なわたしは今わたしの目の前にはどんなドアがあるんだろう?センチメンタルになる前にそれをまずあけねば!と思いちょっとやる気が戻りました、笑

ヨガの教えはヨガスートラの他に、バガバッドギータという神話もよく用いられます。物語の中でクリシュナという神様が色々な局面で心のあるべき姿や考えを教えてくれるのですが、インドではホテルのベッドサイドの引き出しに入っていたり、親が子供のしつけをするときにそのクリシュナの教えを例としてあげることが多いそうです。

そのクリシュナが、私達の実生活でも抜群のタイミングで色々なものに姿形を変えて気づきを与えてくれると言われています。そんなクリシュナさん、今正にセンチメンタルジャーニーに入った私に“隣の小学校の合唱”として気づきを与えてくれたのかな、とか思ったりしてみました。

歌には続きがあって、

「ドアのむこうの 輝きを
じぶんのものに するために
ドアのむこうの 輝きを
みんなのものに するために」

ドアを開けたあとの輝きは自分のものだけじゃなくてみんなのものにする、んですね。

ヨガをもっとみんなのために、色々な人へ。

この初心を思い出しました。

この歌は「ひろい世界へ」という詩でよく卒業式に歌われるそうです。わたしが学生のときはこれじゃなかったな…

よし、わけもなくセンチメンタルな旅に出てる場合ではない、がんばりまーす。

Miho